コスモスマートビークルを利用中の車検やガソリン代はどうなるの?

コスモスマートビークルを利用中の車検やガソリン代はどうなるの?

コスモスマートビークルの車検代は自己負担なのでしょうか?
3つのプランごとの違いとガソリン代のような消耗品負担について、各プランを比較してみましょう。

 

コスモスマートビークルは車検費用が含まれる!

 

コスモスマートビークルには、3つのプランがあり、どれを選んで契約するかによって内容が変わります。
車検費用はゴールドプランとシルバープランに含まれています。

 

【コスモスマートビークルのプラン】
・ゴールドパック
登録費用、車検から税金、メンテナンス、消耗品などすべてコミコミのフルパックプランです。
車両保証からロードサービスまで付いています。

 

・シルバーパック
登録費用、車検、税金、点検、オイル交換までのサービスが込みのプランです。

 

・ホワイトパック
登録費用から重量税を除いた税金までが込みのプランです。
点検費用は含まれていませんし、車検も自分で手配しないといけません。

 

 

例えば、一番安価なホワイトパックの場合だと、車検代や定期点検費用は含まれておらず、車両代金と登録費用、自動車取得税と自動車税のみが月額料金に組み込まれます。
※重量税と自賠責保険は、基本的にホワイトプランに含まれませんが、相談で組み込むことはできます。

 

車検代や各種税金が月額料金に含まれているプランは、ゴールドパックとシルバーパックの2つです。
この2つを選べば、通常なら新車を買って3年後に発生する「車検」の費用を、利用者側が負担することはありません。
すべてコミコミで見積りが出されます。

 

そのため、通常のカーローンより月額料金は高くなってしまいますが、トータルコストを考えれば大分コスモ石油のカーリースの方がお得だといえます。

 

特に、ゴールドパックで契約をすれば、車検代や税金だけではなく、色々な消耗品もコミコミになるので、その都度の負担金が掛からなくて済む内容です。

 

・点検やタイヤ、オイル交換は?

 

定期点検や法定点検車検整備費用は、ゴールドパックもしくはシルバーパックを選べば、月額料金のみでその都度の負担がゼロになります。
定期的に必要になるオイル交換は、ゴールドパックとシルバーパックに組み込まれているため、タダで交換が可能です。
また、意外と消耗が早いブレーキパッドやタイヤは、ゴールドパックに加入するとすべてその時の負担がタダになります。

 

 

・ガソリン代の値引きが大きい!

 

コスモスマートビークルで契約をすると、ガソリンが安くなります
ゴールドパックだとリッター5円の値引きで、シルバーだとリッター3円の値引き。
ホワイトパックもリッター1円の値引きが適用になります。

 

プランを比較するとゴールドに加入した方が、断然お得な感じです。
ゴールドプランには、カーリースの優位性が生かせる内容が詰まっています。

 

逆にホワイトプランは安いのでしょうが、内容的に少々微妙です。
料金は選ぶ車両とオプションによって変動するので、詳しくは書けませんが、少しの違いであればゴールドパックがおすすめなので、見積りを各プランでお願いして料金を比較してみましょう。