コスモスマートビークルを契約すると月々かかる料金は?

コスモスマートビークルを契約すると月々かかる料金は?

コスモスマートビークルの、メンテナンスパック3種を比較紹介しています。
以外に安い金額でフルメンテナンスまで受けられるので驚きです。

 

リース契約内容についても、残価設定とはどんなものなのかを説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コスモスマートビークルの月額料金は?3つのパックを比較!

 

コスモスマートビークルの月額リース料金はゴールド、シルバー、ホワイトの3つがあります。
プランごとの具体的な料金というのは選んだ車種やオプション、設定の月間走行距離によって変動する仕組みです。

 

料金の目安として、車種、車体の色、オプションなどの契約内容を統一した上で、お試し見積りの金額を紹介します。

 

【契約内容】
ダイハツタント
カーナビ、バックカメラ、ETCオプションなし
頭金・ボーナス払い無し、
月間走行距離〜1000km
契約期間60か月

 

 

・ゴールドパック
料金:5400円
月額料金:29592円

 

車検、各種税金、自賠責保険、メンテナンス費用すべてコミコミのフルメンテナンスプランです。
シルバープランと月額数千円しか変わらない料金なので、お得に利用するならこれがおすすめでしょう。
さらにガソリンが月間100リットルまで5円値引きされ、車両の延長保証やロードサービスも付いてきます。

 

・シルバーパック

 

料金:2700円
月額料金:26892円

 

ゴールドパックから長期的に交換を要するタイヤやバッテリー交換費用を除いたプランです。
料金を抑えたい人で、メンテナンスや車検、税金の支払いは任せたいという人向けになります。
ガソリンはリッター3円引きです。
このプランでも十分な内容ではあります。

 

 

・ホワイトパック

 

メンテナンスパック料金:0
月額料金:24192円

 

ホワイトパックは、メンテナンス費用無しの月額料金のみのプランです。
自動車税のような各種税金と車両代のみが含まれています。
車検は自分で手配しないといけません。
ただ、ガソリンはリッター1円引きになります。

 

 

 

コスモスマートビークルのパックに含まれない費用は?

 

 

・含まれるもの

 

仮にゴールドパックを選択した場合、次のものの支払いが不要になります。(※ゴールドパック月額料金に含まれているということです。)

 

★登録費用
★車検代、自動車取得税、自動車税、重量税などの各種税金
★自賠責保険費用
★定期点検費用
★オイル交換
★ロードサービス
★バッテリー交換
★タイヤ交換
★その他消耗費交換(ランプ、ブレーキパッド、ワイパーなど)

 

通常、自分で車を保有した場合、これらの費用が掛かってきますが、コスモスマートビークルのゴールドパックは全部コミコミの料金となります。

 

 

・含まれないもの

 

自動車の任意保険は自分で別途加入しないといけません。
対人、対物、の一般的にこれだけは入っておいた方が安全という保険だと月額5000円程度の保険費用は、リース代とは別に考慮しておかないといけません。

 

 

コスモスマートビークルはオープンエンド契約かクローズドエンド契約、どっちにすべき?

 

 

・オープンエンド契約とは?

 

オープンエンド契約は契約時に、残価を設定するプランのことです。
清算時に査定価格が残価設定額を超えていれば、余った分の金額をユーザーに返金することになり、査定価格が残価設定額以下になった場合は、査定価格から残価設定額を差し引いた分をユーザーが追加で支払うことになります。

 

走行距離をプランギリギリ、もしくはオーバーして乗る人は、このプランだと追加請求があるので、トータルの支払いが割高になる可能性が高いです。

 

・クローズエンド契約とは?

 

クローズエンド契約は、残価設定をしない契約のことです。
査定額が残価設定額を下回っても差額精算が行われません。
ただし、契約走行距離をオーバーしていたり、傷や破損に関する現状回復費用は通常通り掛かります。

 

 

・コスモスマートビークルはどっちがおすすめ?

 

コスモスマートビークルの場合は、オープンエンド契約だと買い取りができるのでこの契約タイプを選んだ方がいいです。
クローズエンド契約も選択することはできますが、契約満了時には車を返却するか再リースを組んで延長するしかありません。

 

リース契約は最長でも7年程度ですので、その程度の経年劣化であれば、買い取って自分で乗れるような契約にしておいた方がいいかと思われます。

 

 

コスモスマートビークルは値引きあるの?

 

コスモスマートビークルのホームページに、特選車として割引している車を紹介しています。
交渉での値引きは交渉次第ということになりますので、見積りの時に相談してみるといいでしょう。

 

コスモスマートビークルとマイカーローン、どっちがお得?

 

初期費用やローン金利、税金や自賠責保険、タイヤ交換、バッテリー交換、オイル交換、ロードサービスまでついているわけですから、断然カーローンよりコスモスマートビークルの方が安くてお得です。
月額のローン金額とリースの月額料金を比較するとローンの方が安いかもしれませんが、トータル経費を考えるとコスモスマートビークルの方が、誰でも自動車を持てる内容となっています。