コスモスマートビークルを契約中に事故と保険の話

コスモスマートビークルを契約中に事故と保険の話

コスモスマートビークルは、事故を起こして車を故障させてしまった時に契約はどうなるのでしょうか?
修理代はコスモ石油?それとも自分持ち?
などなど、コスモ石油のカーリースを契約する前に知っておきたい基礎知識を解説しています。

 

 

事故による修理費用はどうなるの?

 

・修理代は自己負担

 

ゴールドプランに加入している場合は、すべてコミコミでタイヤ交換やオイル交換、消耗品の交換に追加費用が掛かりません。
ただし、自己で自動車が故障してしまった場合は、その修理費用が自己負担になってしまいます。

 

車両保険に加入している場合は、その保険を使えば修理が出来ますが、保険が無い場合は自己負担です。
リース満期までに原状回復をしておくか?破損分下がった価値の費用負担が生じます。

 

【原状回復とは?】

 

原状回復とは、車両を受け取った時の状態に戻すことです。
コスモスマートビークルの場合は、残価設定プランで契約をすることができますので、原状回復は返却時に査定額ー残価設定でマイナスになった分の費用を支払う必要があります。
もし事故で車体に傷がついたり破損が生じたりしていると、その分査定額が下がりますので、自己負担しなくてはならない場合があるわけです。

 

・修理不能な場合…

 

車両が事故で、契約中に修理不能になってしまった場合、コスモスマートビークルの契約は途中解約することになります。
この場合は、総リース金額から支払い分の費用を差し引き、月額料金に含まれていた車検代や税金なども差し引き、解約手数料を加算された金額で違約金が請求されることになるため注意が必要です。

 

・災害や盗難の場合でも……

 

例えば、災害による水没や、車両を盗まれてしまったような場合には、契約はどうなるのでしょうか?
この場合にも、契約は解除になり、負担するのは利用者側ということになりますので注意が必要です。

 

万が一のケースに備えて車両保険は、入っておいた方がいいプランということになります。

 

 

自動車保険(任意保険)には加入しておく

 

コスモスマートビークルのプランには、任意保険が含まれていません。
自賠責は月額料金に含まれていますが、それ以上の補償が必要になった時には任意保険で賄う必要があるため、自分で自動車保険の会社を選んで加入する必要があります。

 

特に注意したいことは、車が壊れてしまった時のことです。
先ほども説明した通り、リース契約の車が事故などで大破してしまった場合は、契約が途中解除になるため、残った車両代金のリース残債を一括払いする必要があります。
そうなると、結構な金額を準備しないといけなくなるため、まさかに備えて任意の車両保険には加入しておいた方が安全です。

 

車両保険の月額料金は、通常の対物・対人よりも高く設定されていることがほとんどなので、カーリースを契約する時は、この保険負担も念頭に置いてプランを選ぶ必要があるでしょう。